ページ

2015年6月9日火曜日

41VM issue7 metrospective 浅草 ができるまで。




このたび41vmのメトロスペクティブの制作にフウライ堂スケートボード部門が関わらせていただきました。
とりあえず予告編です。



ほとんどの人が「一体なんなんだ??」って感じになると思うので、41VMについて軽く説明しておきます。

30overのスケーターなら確実に知っていると思いますが、その昔411VMというビデオがあり、今のようにインターネットがない世の中、貴重な情報源として多くのスケーターが新作を出るのを楽しみにしていました。
411vmで検索するとyoutubeとかに大量にあがってるので、もしみた事なかったら見ておいて損はないでしょう。

オープニングはその回の「これはスゴい!」っていう映像が流れます。411vmのオープニングに出るのは相当な名誉で中島壮一郎君なんかも出てたりしました。
まだまだキッズの時はたまに411vmのオープニングテーマを脳内で再生しながら滑ったものです。(まったくメイクしない。)
そのあとに、ランス•マウンテンがその回の内容について説明してくれます。





41vmの予告編はランス•マウンテンのポジションにあたります。

そして、今回41vmのメトロスペクティブというコーナーを制作しました。
このメトロスペクティブとは、簡単に言うと街の紹介するコーナーで、411の初期にたまにあったコーナーです。




この辺に影響を受けたおっさんのスケーターにはたまらない内容ですが、今の若いスケーターにはなんの影響もないでしょう。


で、やっと本題の"41vm issue7 metrospective浅草 ができるまで"ですが、話は約1年ほど前にさかのぼります。
vivoの薬師神和昭君の彼女(美容師)が武道館で行われる決勝戦(美容師のコンテスト?)に出るとの事で東京に応援に来てました。せっかく東京に来たのでフウライ堂に遊びに行きたい! と、もの好きぶりを発揮し、ついでとはいえ、はるばる大阪からきてくれたので、定休日だったけど、しぶしぶお店をあけました。
が、火曜日の地下街、モンティも休みだし、いずみやも閉店したばっかりだったか? 雰囲気は寂れたもんで、実際フウライもそんなに見るものないので、大会が終わったら呑みに行く約束をして、浅草駅の改札を出てすぐのなんでも屋さんで双眼鏡を買い、武道館へと向かいました。
が、正直つまらなかったらしく、そっこうで会場をあとにして、41vmを作ってる中村晋久とフウライ堂スケボー部門担当の俺と3人で呑みに繰り出しました。
ちなみに、なんでも屋さんで買った双眼鏡はいきなり壊れてて、全く使えないというギコイ結果に...
で、秋葉原の飲み屋で、晋久が「41の7を作ってるけど、相当つまらない。8も同時に作ってるけどそっちは面白い」って言う話になり、「じゃあ、7でメトロスペクティブ浅草やりたい」っていう、簡単な流れの結果が今回の成果になっています。

ちなみに今年も2年連続で薬師神君の嫁さんは武道館の決勝にでてます。
そのあと、薬師神君は夜行バスで大阪に帰る予定だったのですが、なんと見事に乗り遅れ、嫁の泊まってる宿にスネークしようとしたが、キレられて東京駅の地面で一夜を明かしたそうです。

そんな感じで、次回は41vm issue7 metrospective 浅草 解説副音声付き動画をアップしてみたいと思っています。
ちなみに、これから制作する予定なので、いつになるかわかりません。

とりあえず、フウライ堂でも、41vm issue7 売ってます。webストアにも並べるんで、是非買ってみてくださいな。

一年前。左 俺、真ん中 カズ2、右 ユキヒサ

決勝の結果がかんばしくなく、しょんぼりして今にも泣きそうな嫁をほっておいて、すぐにスイッチハリケーンのトランスファーをかますカズ2

呑み。このあと、夜行バスを逃し、東京駅の地面で寝ることになる。






スケボー部門 ヴァ











0 件のコメント:

コメントを投稿