ページ

2014年9月10日水曜日

スケートデモのお知らせとコラム1の続き

コラム1の続き
自分、サンフランシスコに少し住んでいた事があるのですが、それまでは自分かなり左寄りな人間でした。ただ、SFから帰国した時にはすっかり右寄りな人間になってました。なぜかというと、アメリカという国自体がものすごく閉鎖的でものすごく右寄りな国だったからです。みんなアメリカに誇りを持ってるし、自分の住んでる街が大好きなのです。
そこで、自分、考えました。
「自分にとって誇りを持てる国や街はどこだろう?」
それを境に帰国してから自分の生まれ育った街に根を張って誇りを持ってスケートボードをやって行こう。と思う様になりました。

みんなが憧れてるアメリカ人の本質は多分そこです。

続く

という事で、個人的に大切なのは地元愛とローカリズムです。別に強要はしないけど。

そんな中、自分の街に誇りを持ってスケボーしてるナイスなやつらがいます。
まだ、自分が子供のころ、かなり一緒にいました。実家は西荻窪なんだけど、だいぶ前から横浜港北に移り住んですっかり根を張って滑ってます。そして、そいつがこのたび新しいデッキブランドをはじめることになりました。


俺はホントに嬉しいです。開発される前の港北ニュータウン。スケーターもほとんどいない状態のなか、5nutsという小さなスケートショップは少しずローカルシーンを作って、積み重ねて、その結果デッキブランドをやるまでになったのです。

来る9/23(火)、Kaonkaチームから、中村久史と水田准が東東京に遊びにきます。
細かいタイムテーブル的なものは決まり次第お知らせしたいと思います。

多分、隅田川沿いで滑って、最後はコメジルシで飲む感じになると思います。

当日までにデッキの入荷が間に合うといいですね〜。













0 件のコメント:

コメントを投稿